サニタリーバルブ・ダイヤフラムバルブ・プラントエンジニアリングのマイクロゼロ株式会社

サニタリーバルブ・液体処理の問題解決
TEL(代表)042-548-5855/FAX(代表)042-528-0212
  • HOME
  • お問い合わせ
  • 会社案内
  • 新着情報

タンクボトムバルブ

タンクボトムバルブ(タンク底弁)

タンクボトムバルブ(タンク底弁)

・当社ダイアフラムバルブの接液部PTFEは、下記に適合しております

  1). 食品衛生法・食品、添加物等の規格基準

    (昭和34年厚生省告示第370号)

  2). FDA 177・1550

  3). USP classⅥ

・抗体医薬品製造、培養槽タンク底バルブとして多数実績

・弁シート直近に温度センサ取り付け可能(オプション)

・サニタリーダイヤフラム式タンクボトムバルブ

 (アセプティックダイアフラム式タンク底弁)

・ダイヤフラムシール構造により高耐久、アセプティック対応

 (CIP、SIP対応)

・従来のタンクボトムバルブより、洗浄性に優れたボディ構造

 バルブリフトが配管口径の1/4以上の高ストローク設計

・同径、異径の洗浄ポートを取り付け可能(オプション)

 タンク出口以降のライン洗浄、滅菌が可能

・接液部はパッキンレスの為、プロセスへのゴムの異物混入を防止

・151℃蒸気滅菌下にて開閉回数100万回(3ヶ月)をクリアする実績

・着香を従来型サニタリーバルブの約1/10に低減

・医薬、バイオ用タンク底バルブとして多数実績


基本仕様

【ボディ部】

















ボディ構造

内弁式タンクボトム









弁サイズ

15A / 1.0S / 1.5S / 2.0S / 2.5S / 3.0S / 4.0S

接続


タンク側 - フランジ(JIS/ANSI/特殊仕様)









配管側 - ヘルール (フランジ/ネジ)





材質 


15A~1.5S - SUS316L














2.0S~4.0S - SCS16, SUS316L





接液部表面処理 バフ#400 (電解研磨)








ダイアフラム材質 PTFE












外部漏れ試験圧力 1.05MPa











使用圧力

-0.1~0.7MPa










使用流体温度
-10℃~+151℃






























【駆動部】

















駆動方式

空気圧シリンダ










作動


逆作動(NC) / 正作動(NO) / 複動(WA)




材質


SUS304他











操作圧力

0.4~0.7MPa ドライエア








オプション

近接センサ、AS-iユニット、ユニワイヤユニット その他







 (*「バルブオプション/アンサーバック」参照)

一覧へ戻る

詳細データ ダウンロード

WEBからのお問い合わせはこちら

SHVの特長

SHV製品情報

  • スタンダードバルブ
  • タンクボトムバルブ
  • 流量調節バルブ
  • 特殊バルブ
  • 流路切替用カブラ
  • その他流体機器
  • バルブオプション/アンサーバック
  • SHVのCADデータはこちら

センサ

  • 導電率センサ

実績紹介

  • プラント施工
  • ユニット
ページの先頭へ戻る